屋根のこと

季節による寒暖の差が激しい日本の気候。年間を通して雨の日が多いのも特徴です。そんな厳しい条件の中で建物を守っている屋根の素材は、日々進化し、日本の気候に合った製品が開発されています。それでも、10年おきにチェックが必要といわれています。気づかないうちに雨漏りしていることもありますので、ぜひご相談ください。

雨漏りについて

屋根や外壁のひび割れなどから雨水が侵入する雨漏りは、屋根材や屋根の下地材などを腐食させてしまいます。 
雨漏りの修理は、どこから雨漏りしているかを正確に突き止めて、雨漏り箇所に応じた適切な補修が大切です。
また、早期に発見できればダメージが少ない場合もありますので、定期的な点検をおすすめします。
b0f2804b5f62de206d3289afd0df92701
屋根材や塗膜の劣化
eea0893b668ea85abbedbb5493da057a1
外壁のひび割れなど
12ae697130da9d5b8dc09b7d5cd20af51
雨どいのつまりや脱落


arrow-s1


a8dc50422b788a5a970f117e4405c8781-s1
雨のたびに屋内に浸み込む雨水は、屋根の裏側や壁の内側を浸食し、カビや害虫の温床になったり、木材の部分を腐らせてしまいます。
①雨どいの修理
雨どい
雨どい(軒樋)の取り付け 
落ち葉やゴミが雨どいにたまり、雨水の流れを妨げると、雨どい本来の機能が低下して、雨水の流れが外壁にまわり、雨漏りの原因となる場合があります。
枯れ葉防護ネット
枯れ葉防護ネット 
雨どい器具の脱落やつまりの原因になりやすい落ち葉やゴミから雨どいを守ります。ネットが水だけをこしとるので、雨どい(軒樋)には雨水だけが流れます。雨どいを長持ちさせる工夫のひとつとしておすすめします。
②防水施工
防水塗装
防水塗装の塗り替え 
長い年月が経過すると、屋根や屋上、ベランダの塗膜が劣化して、防水性がなくなってしまいます。雨漏り対策の一つとして、屋根や屋上、ベランダの防水塗装の塗り替えをおすすめします。

屋根のリフォームプラン(葺き替え)

瓦屋根から軽量の金属スレート屋根に葺き替えることで、屋根の耐久性が上がり、また、軽量化することで耐震性も上がります。屋根の葺き替えは下地材の調整や防水シートの張り替えも含むので、屋根全体のリフレッシュになります。施工方法は様々で、屋根の形状や傷み具合によって変わってきます。そこで、瓦屋根から耐久性の高いガルバリウム鋼板に葺き替えた例をご紹介します。

屋根材におすすめのガルバリウム鋼板とは

ガルバリウム鋼板
ガルバリウム鋼板は、基材の鉃をアルミと亜鉛のめっき合金で守ることにより、優れた耐久性を実現した鋼板です。 また、瓦屋根に比べて軽いため、地震の際の被害を抑えることができます。 住まいを守る屋根の素材としておすすめします。
トステム T・ルーフ

275d4286137c538e7ae3c549f13d181e11
1,仮設足場組み/養生ネット 
高所での作業なので、足場を組み上げます。 
また、屋根の解体時に出るゴミや塵が飛ばないように養生ネットを張ります。

1dc95ed2c8d33e8e439e9828eafc2dfb21
2,瓦屋根解体 
既存の瓦屋根を外していきます。
60cfbac0b55c9340d91ad659b4710ee121
3,瓦屋根撤去 
すべての瓦を屋根から降ろします。
51b56542c324deaba36a065d7ec4eef221
4,下地調整 
下地材の傷み具合を確認します。
734480bfed6afa2e202d76173a2cbab511
5,下地補強 
下地材の傷んだ部分を交換していきます。

7db70f663116259f896a924478f05c801
6,野地板張り替え 
下地の仕上げに野地板を張り替えます。
5cc5eaee2889aec5d6dadd7b7a3a9c1021
7,防水シート 
新しく防水シートを屋根全体に張っていきます。
892257f603ac2844ff021e020546a20341
8,屋根材設置 
スレートの屋根材を張っていきます。
bc13a16db93986ef3a400102aab9db6b51
9,葺き替え完成 
下地材から屋根本体までリフレッシュ。耐久性や耐震性が上がり、見た目もきれいになりました。

ページトップへ