リフォームの目的

リフォームの目的

最近、「リフォーム」という言葉をよく耳にしませんか?
普段の生活の中で、不便に感じていることはありませんか?

読売リフォームセンターでは、

お住まいの「不便」を「快適」に変えるアイデアを数多く提案させていただいています。

どうぞお気軽にご相談ください。

例えば・・・
■収納スペースが少なくて、荷物が収まらなくなってきた。
■生活スタイルが変わり、それまで住んでいた家が手狭になってきた。
■子どもたちが大きくなり、一人ひとりに個室が必要になってきた。
■家の中の段差が気になるようになってきた。
■台所やお風呂、トイレ、外壁などが、年数とともに傷んできた。

 または、使いづらくなってきた。

などなど。

リフォームの目的
リフォームを思い立つきっかけは様々ですが、リフォームによって普段感じていた悩みや違和感は解消されることでしょう。
実際、リフォームをされた方からは「少し手を加えるだけで、驚くほど生活しやすい家になった」という声をいただいています。

「キッチン」「トイレ」「洗面」「エクステリア」など、リフォームを必要とする可能性のある場所はたくさんあります。
日々の暮らしに不満や違和感がある方は、一度リフォームを考えてみてはいかがでしょうか。

リフォームのきっかけ ベスト5

第1位:住宅設備が古くなった(壊れた)

第1位:住宅設備が古くなった(壊れた)
トイレやお風呂などの住宅設備は、調子が悪くなって修理業者を呼んで話を聞いてはじめて耐用年数が過ぎていたことが分かったり、雨漏りや水道管の漏水といった決定的なトラブルが起きてリフォーム時期が来ていることに気付かされる場合が多いようです。

第2位:家族の介護に備えて

家族の介護に備えて
将来に備えてバリアフリーにしておきたいと考えられる方が最近は多いようです。また、ご家族に介護が必要になったということで、介護保険を利用してリフォームする場合もあるようです。

第3位:子どもの成長に合わせて

子供の成長に伴い、個別の部屋を新たに作ったり、家から独立した際に、夫婦それぞれの部屋へとリフォームするなど、家族構成の変化がきっかけとなることが多いようです。最近は子どもが小さいときは専用の勉強部屋を作らず、家族全員の共有スペースを仕切って子どもを孤立させないスタイルを選ぶリフォームが多いようです。

第4位:今の住まいに不満を感じて(間取り・収納)

今の住まいの間取りや機能面に不満を感じてリフォームするケースが多いようです。
特に生活に密着した部分は、長年暮らしていると色々な要望や改善点が出てくるものです。

第5位:ご近所やお知り合いの方がリフォームした

ご近所やお知り合いの方がリフォームした
ご近所やお知り合いの方が住まいをリフォームしたことをきっかけに、自宅のリフォームの検討を始めたという方が意外と多いようです。初めてリフォームをされる方は、工事内容などを参考になさっているようです。
ページトップへ